後悔

もっときちんと悩んでおけば良かった。

本当は自分の話ばかりされる事より、自分の話をする君は決まって「自分ばっか話してごめん」って謝る癖に私の話をしたら機嫌が悪くなるのが嫌なんだと怒鳴ってやれば良かった。

私の忠告を聞かずに、自分勝手に怒って「お前は分かってない」「お前は幸せだから」なんて言う癖に後から後から「やっぱりこうだ」と自分で結論を出す君が嫌いだと言ってやりたかった。

数ヶ月経ったら皆なにもなかったかの様に普通に話すのが気持ち悪いと言えばよかった。

「私と渚くんとっちが好きなの?!」にはずっとずーっと「渚くん。」と即答してやればよかった。

私の大事なものの話を聞いてくれない癖に自分の好きなものの話ばかりをする君は大嫌い。

「さーちゃんは気楽でいいよね」って笑ったお前はもっと嫌い。

そしてその次の日にも普通に話しかけて「さーちゃんは頭お花畑だから。」なんて言う癖に、今更「一緒に四人で住みたいよね!」とか抜かした事を私は許さない。早く死ねばいいのに嘘吐きと吐き捨てて全部忘れてやればよかった。そんなこと出来ないのは知ってる。

「年下なんだから経験が少ないから敬語を使え」とか「養われてるんだから言う事を聞け」とか「苦労が足りない」とかもう、ほっといてくれませんか。お前に何がわかるんだよって、そんなに嫌なら殺すなり縁切るなりしてって泣き叫んてやればよかった。

もう、今更過ぎる後悔ばかりなんだけど私の中では何一つ解決してなかった。

 

変に物分りがいい子になろうとしたから、自分で自分の首を絞めた。誰に言われた訳でも無い。怒られたり愚図られたり嫌われるのが怖かっただけ。私が悪いかもしれないって不安に勝てなかっただけ。

 

どうせ分かってくれないって思いながら気にしてるから、やっぱり分かって欲しいんだと思う。……嗚呼、もう、だめだな、ねます、大人しくしてよ。

子守唄

いろんな感情や思考が飛び交って頭がグラグラと揺れる中、彼女の大丈夫だよだけが全てを打ち消すように響いていた。

 

えへへへ、へへ、

一緒にサラダを作って、食べて。

イチャイチャして、すっかり疲れてしまった彼女は私の隣で現在進行形で夢の中だ。

私はと言うと、にやにやしながら歌を歌って彼女の頭をたまに撫でて満足してきたのでブログを書くことにした。

暫く前にFさんの「他人のSNSなんていい所を切り集めたようなものだから、それを見て苦しくなるのも劣等感を感じるのも当たり前だ」という言葉を聞いた。結局みんな強がりで、プライドが高いから表面的に幸せなふりをするだけで本当はそんなことないのかも知れないと思う。

それは絶望のような、又は安心感のようなもので。

 

何が書きたいのかと思うけど、多分特段これといって何も無くて。

今日は彼女と旅行に行って鰻が食べたい、って話。彼女が眠い頭で「鰻は好きでもない」って言うもんだから、蟹でもいいとか言った。結局二人っきりでいたいだけ。

 

8月

8月が終わった。

 

部屋の片付けをした。そこそこ綺麗になって、たくさんの思い出のものを捨てた。

本も捨てた。ここ2、3年で捨てられない病はかなり良くなった。

今では私捨てる様勧めてきた母が「これ、捨てるの?」と聞くくらいにはそこそこ割り切れるようになったのだ。

例えばカーキのコート。さほど高くもなかった気がするが、三四千円はした記憶がある。

まぁ私の財布からは出ていないのだが(クズ)

とても気に入って四五年は使っていた。外面は綺麗ではあるのだが内側の茶色い生地がそろそろダメになってるなぁとは感じていた。

妹が使っていない白いコートを譲ってくれたのもあって踏ん切りが着いたのか捨てる事にした。

それから、自己啓発系(人生の名言本)や片付け法、その他(上手な恋愛等)の本を捨てた。

人生も恋愛も結局自分なりの答えを出すしかなく、愛されるにはその人に愛される方法が必要だということ。万人受けすれば、恋愛が成就する訳では無いということ。私は私の生き方を探さなければならないこと、私は誰より私自身を理解できていないことを痛感したから。

使う事のなかった玩具(かるた等)や昔のプリント(勉強記録や賞状)なども捨てた。

正直言うと、昔頑張って登校してた時「やりたくない」と思いながらいやいやなっていた記憶ばかりで。残しておきたくはない。

「やりたい!」と思ってやった事やそう出なく、やっていて楽しかったこととは違うのだ。

 

さて、そろそろお風呂に入る……埃っぽい所ばかりにいたせいでかなりしんどい、頭がグラグラしてしまう、あ、そう言えばこの前の泊まりで彼女がなくしたらしいヘアゴムが見つかった。後で確認を取らなければ……。

観覧車

ファーストキスはレモンの味なんてしなかったし、辛い時に私を助けてくれたのは白馬の王子様じゃなくて二次キャラだったのだけれど。

女の子は1度は観覧車で好きな人とキスする夢を見るものだと思っていた。

それがなんで夢なのか、分からなかった。

今なら分かる気がする、それを求める気持ちが。

 

人の幸せって沢山あると思うし、幸せになれる人とそうじゃない人の差って結局幸せに気づけるか否かってそれだけで、だから如何とか言うつもりは毛頭ないのだけれど、如何しようもなく苦しくなった。

色々重なって、嫌になった。でも、幸せじゃないの?って聞かれたらもちろん幸せ。

けど辛い事がない訳じゃない。元々SNSが向いてない自覚はあったけど、いい機会だと思う過去の友人のTwitterを見に行ったり、フォロワーの死垢の周回したりするのを辞めるには。前々から辞めようと思っても忘れられなかったり思い出したりして苦しくなって。

そんなのを繰り返すのも疲れたから、これで良かったと思う。

 

如何しても何かあるなら手紙でもメールでも来たら返すつもりはある。

嫌いだから話したくない訳じゃなくて、好きだから嫌われるのが怖い。そうやって、嫌われるのを恐れてツイートするのを辞めたり、人のSNS確認したりするのはしんどい。

誰のせいとかでもなく、強いて言うなら自分の問題だと自覚した上での削除だから態々相手の連絡先を聞くのも烏滸がましいかと思う。

 

それでも、メールも手紙も電話も偶にくれれば嬉しい。

みんなの事が好きなのは事実だから、私の事を覚えててくれて気紛れでも何でも送ってくれたら、とても嬉しい。

身勝手は重々承知なので本垢、裏垢(仮)共にログアウトした。また、万が一一年後でも二年後でも始めることがあっても、今のフォロワーの皆を迎えに行く事は出来ないと思ってる。

 

人間不信、とか言うと診断もされてないのにメンヘラか!とか言われそうだなぁと思う。自分でもよくわかってないけど、強いて言うなら情緒不安定で被害妄想が激しくなってる、と思う。もう、なんだか言葉を選ぶのもしんどい、でも、投げかけられる言葉はどんどん突き刺さる。

ずっと、心のどこかで引っ掛かってて苦しくてでも見ない振りをした言葉や記憶がゆっくり浮かび上がってくる。それは今の恋人が私の重荷になってるからじゃなくて、寧ろ逆で。私の事を受け入れようとしてくれてるから、安心して、そしたらそうやって自分が本当に気にしてた事を思い出せたんだと思う。

思い出せなくても、何となく辛いだけなんだけど、ああ、何が言いたいんだ。ちょっとオールして眠いのと、それから最近語彙力低下してるから文面がおかしい。何が言いたいのか伝わらないけど私も何が言いたいのかよくわかんない、、ねますもうだめっすね。

 


f:id:fuckdestiny:20180824060537j:image

 

夜景も、夢と砂糖を混ぜたみたいなふわふわした感覚も、貴方のくれたキスも、忘れない

とてもとても痛い

人を甘やかすことは、罪だろうか。

愛することは罪だろうか、それは唯一の救済だと思っている。

嗚呼、幸せで頭が溶ける。

彼女がいる毎日が幸せ、朝起きたらおはようって言って頭を撫でられた。嗚呼しあわせ、えへへ、幸せ、神様なんて信じてないけど、私の恋を叶えてくれたのは紛れもなく彼女だけど、その努力をしたのは私だけど、叶ったことが嬉しくて、もう幸せ

早く諦めなよ、もう無理だよ、人にも言われたし自分でも思ったけど、今があるなら、諦めなくてよかったと思える。幸せ

 

恋人が可愛くて死ぬほど幸せ。

この、茶色い生き物は。ふわふわして、人間を魅了する、生き物は。

人間が好きなのだろうか。

猫も、犬も、うさぎも、小鳥も。

人間が好きなのだろうか。

私は人間が嫌いだ。寂しがって私の足元に擦り寄ってくるかるびの温もりに触れて、ふと、そんなことを思った。

 

 

誕生日を教えて、って個人チャットに送られてくるととても嬉しくなる。

きっと、投稿に「リプライやコメントで誕生日教えて!」などと書く様な人には如何せ忘れられる。如何せ、カレンダーに小さく書かれる祝日の一つに成り下がる。

産まれた日を大切にしてる訳でもないけど、何となくそんな投稿をスルーしてしまうのは私がとても寂しがり屋だから。

我儘な海星

海を見に行った。さほど綺麗でもない海に人が溢れかえって、水面に日光が反射してキラキラと光っていた。私の手を取って、一緒に帰る事を選択してくれた。綺麗になりたいと言ってくれた。私を抱き締めてくれた。花火を見たいと言った、彼女を愛している。現状を如何にかしようと抗う姿は美しい。ついさっき、夏の暑さで頭がイカれた。蝉の声は聞こえない。3週間があまりに長い事に気がついて、絶望。ソフトクリームがなくて絶望。貴女が隣に居なくて絶望、でーとにいきたい。